大学生や教授、研究者の方の場合、取材音源をもとに論文を作成することも少なくないでしょう。

しかし、録音を聞きながら論文をまとめるのは非常に時間のかかる作業です。

マイクや録音機材のせいでうまく録音できていなかったり、機材に問題はなくてもセッティングが悪かったせいで発言が聞き取りづらかったりといった、論文の作成とは本来関係ないところで問題を抱えることもあります。

また、録音はきちんとできていたとしても、取材音源をすべて聞き返して論文に必要な情報を拾っていく作業はとてもたいへんです。

このように取材音源の取り扱いで苦労している方におすすめなのが、文字起こしサービスです。

取材音源の文字起こしをする5つのメリット

自分で取材音源を聞き直して文章にしていくことも不可能ではありませんが、この作業は手間も時間もとてもかかります。

その面倒な部分を、文字起こしを代行サービスに依頼すれば、面倒な手間が一挙に削減できるのです。

従来の方法では 、論文に用いる取材音源の内容を確認するには、聞き返すしかありませんでした。

ある程度再生箇所に目当てをつけて聞き返すことはできるといっても、目で見て確認できないため手間がかかることは否定できません。

その点、文字起こしによって音源を文章化しておけば、内容の把握が容易になります。

また、取材音源だけでなく、学生にとってはふだんの講義を録音しておき、それを文字起こしすることによって簡単に講義ノートが作れるという利点もあります。

もちろん、それ以外にも、論文用の音源を文字起こしするメリットは様々です。

1.作業効率がアップ

文字起こしで音源を文章化しておけば、論文やレポートに引用する際の手間も削減できます。

文章の再構成や要点をまとめるのもやりやすくなるため、作業効率がこれまで以上にアップするでしょう。

2.ピンポイントの検索が容易に

音声データしかない場合、音源から目当ての場所を探し出すには聞き返すしか方法がありませんでした。

文字起こし業者に依頼して文章化しておけば、キーワードを入力するだけでピンポイントに検索できるようになります。

「あの話をしていたのはどこだっけ?」というときに、音源だと聞き返すのが難しいですが、文章化されていればすぐに確認することができますね。

時間の短縮にもなり、より注力すべき作業に多くの時間を当てることが可能です。

3.会話分析などの多彩な活用法がある

文字起こしには「素起こし」という方法があります。

これは、「あのー」「えーと」などといった発言において意味をなさない部分、言い間違い、言いよどみ、冗長な繰り返し、不要な口癖など、すべてを忠実に文字化する方法です。

発言の雰囲気も含めて完全に再現できるので、会話分析や音声認識などの研究素材として活用できます。

4.専門的な分野の文字起こしも可能

文字起こし業者には専門性の高い人材が揃っているため、ふだんの話し言葉では使われないような難しい専門用語も書き起こすことができます。

自分が専攻しているものに精通している人や、ある程度知識のある人で作成できるかの確認が取れますので、一般的に難しいとされる理工学、医学、薬学などの学術分野の論文作成にも役立つでしょう。

5.日本語以外の文字起こしにも対応可

文字起こし業者にできることは、日本語の音声を文章化することだけではありません。

英語を始め、中国語、韓国語、ロシア語、フランス語、ドイツ語など、各外国語にも対応可能な業者が存在します。

翻訳や英文校正などのサービスを提供する業者もあるので、外国語の取材音源の文字起こしはもちろん、それをもとに作成した論文を海外に向けて発表する際にも活用可能です。

様々な用途に使用でき、且つ自分の論文作成時間を無駄にすることがありませんので、音声データの活用に困った際は、文字起こしを依頼してみてはいかがでしょうか。

「ケバ取り」「素起こし」「簡易整文」の例文・おすすめの利用シーンはこちら

文字起こしサービスの料金表はこちら。WEB上で簡易見積も可能。

自分で文字起こしをしてから論文作成するのも、効率アップの手段

文字起こし代行サービスへ依頼をすると、当然お金がかかります。

学生でしたら、研究室から論文用の予算が出ていることも多く、自分で支払うことは少ないかもしれません。

ですが、せっかく用意されている予算は効率的に使用したいですし、参考文献の購入など、お金がかかることが多いです。

あまりいろいろなことに費用を割けない、ということであれば、一度自分で文字起こししてから、論文作成に着手するのも良いでしょう。

やはり、文字に書き起こされているだけで、情報の把握は特段に楽になります。

どうしても予算が間に合わない場合は、自分で書き起こしをしてみてください。

ただ、自分でやるとどうしても時間と労力がかかります。

締め切りに追われていたりする場合は、文字起こしをしている時間も惜しいでしょう。

そういうときは、代行業者への依頼を検討してみてください。

文字起こしサービスの料金表はこちら。WEB上で簡易見積も可能。

文字起こしの代行・外注サービス『ウィズチーム』のご案内はこちら