インタビューや講演などの録音音声を文章にしたいと思う時、頼りになるのが文字起こし代行です。

しかし、文字起こしの料金はサイトや企業によって千差万別であり、特に初めて依頼する場合、どこを選べばよいのか迷ってしまいますよね。

もちろんコストが低いに越したことはないでしょうが、あまりにも安いときちんと書き上げてくれるのか不安になる方もいるのではないでしょうか。

文字起こし代行を格安で依頼しても平気?質は?

果たして文字起こしにおいて、コストと正確性は果たして関係するのでしょうか?

文字起こし代行業者は数多くあり、1分100円以下という安いところもあれば、1分300円以上するところもあるといった具合です。

「どうせ依頼するのならなるべく費用を安く抑えたい」と思うのも当然ですが、安かろう悪かろうでは意味がありません。

そこで気になるのが、文字起こしの料金とその正確性は比例するのかということでしょう。

料金だけでは文字起こしの正確さまではわからないけど…?

安い料金の文字起こし業者に対して、実際に書き起こした文章の正確性に不安を感じる方も少なくないでしょう。

しかし、料金の高い業者なら確実に正確で質の高い原稿を仕上げてくれるという保証もありません。

実際のところ、文字起こしの質は実際に依頼して納品してもらうまでわからないのが現実です。

ただ、安いのは安いなりの理由が、高いのは高いなりの理由があるはず。

サイト内を確認し、どういう工程で作業をしているのか、どこまでこちらの希望を聞いてもらえるのか、の記載がないかを探しましょう。

せっかくコストをかけてお願いするなら、自分がやってほしい対応をやってくれるところに依頼したほうが、後々の自分の作業が楽になりますよ。

見極めポイント:文字起こし代行業者の質を見極めるには【過去の実績】に注目

多くの文字起こし代行業者では、サイト上に過去の実績を掲載しています。

スーパーなどでよく見る「お客様の声」のような、取引先の意見を掲載している業者もあるでしょう。

それらの実績をよく見て、自分の期待する内容に仕上げてくれるかどうかを吟味しましょう。

過去の実績に大手企業との取引がある業者なら比較的安心です。

さらに、毎日もしくは毎週、納品実績の更新がある企業も、途切れず依頼があるという判断材料になりますね。

もしわかればですが、同じ企業が何度もその業者に依頼しているならば、ある程度の質を見込めると考えてよいでしょう。

業者と個人では文字起こしの質や正確性に差は出るの?

文字起こし代行を請け負うのは、業者(企業)だけでなく個人もあります。

個人には主にクラウドソーシングなどを使って依頼しますが、実際に書き起こし作業をしてくれる依頼相手と実際にやりとりが可能ですので、要望を直接伝えられるというメリットがありますし、修正を依頼する場合も、作成した本人への指示をすればいいので比較的簡単です。

さらに、クラウドソーシングを使えば単価も抑えられるメリットもあります。

ただし個人の場合、その人の実力次第で文字起こしの出来栄えが大きく左右されることにも注意しなければなりません。

その人が得意なジャンルならば期待通りの成果が得られる可能性は高いです。

「継続して依頼したい!」と思える人に出会える可能性も、もちろんあります。

ですが、医療や法律など専門性の高いジャンルになるほど一聴しただけではわかりづらい専門用語も頻出するため、正確に文字起こしできる人が限られてきます。

個人に依頼する場合でも、過去の実績は事前に確認したほうが安心でしょう。

一方、文字起こし代行業者の場合、何人も書き起こし行う人材を抱えていますから、どのようなジャンルでもそれに適した人材を選んでくれるというメリットがあります。

依頼するジャンルによって、受付担当者に「▲▲の知識がある人はいますか?」や「●●のテーマが得意な人がいればその人へ依頼してください」と確認することができるのは大きな利点でしょう。

また、業者の場合、納期にも柔軟に対応してもらえることがあります。

個人だと一人で対応しているため、連絡が取れない時間があったり、「明日中に急いで仕上げて欲しい」という急ぎの依頼では対応できないことがありますが、業者なら多少の料金の上乗せは必要なものの、複数名で一気に仕上げる、なども可能な場合があります。

文字起こしの料金を決める要素

文字起こしの料金を決める要素にはいくつかありますが、基本的には音声データの長さ「1分あたり〇〇円」と設定している業者が多いです。

なかには、書き起こした文字数によって「1文字当たり〇〇円」と設定する業者もありますので、料金表は必ず確認しましょう。

いずれにせよ、依頼時に渡す音声データの長さが長いほど料金が高くなると考えてください。

なお、音声データの長さに上限を設けている業者もあるので注意しましょう。

上限を設けている場合、それ以上の長時間の音声データでも引き受けてくれる場合はありますが、その場合は特別料金になることがほとんどです。

そして一番重要なのは、納期までどのぐらい余裕があるかということも、文字起こしの料金を決める重要な要素です。

今日依頼して明日までに仕上げてほしいというような急ぎの場合、ほぼすべての業者が通常料金に上乗せした特別料金で引き受けるという形になります。

出費を少なくしたいのであれば、できるだけ余裕のある納期で依頼するようにしましょう。

さらに、音声データの内容によっても料金が変動することがあります

専門性の高いジャンルの書き起こしの場合、通常の2~3割増しの料金を請求するという業者は多いです。

特に、専門用語の多い医療分野や、特に正確性を期する裁判法廷用の依頼となると、正確に理解できる人が少なくなるうえに、文字起こしの作業にも時間がかかるため、通常より割増料金となる傾向があります。

安い料金で正確に文字起こししてもらうための4つのコツ

文字起こしの料金がさまざまな要素で変動することがわかったところで、ここからは、できるだけ安い料金でかつ正確に文字起こししてもらうためのちょっとしたコツをお伝えしましょう。

1.録音状態の良い音声を用意する

録音状態の悪い音声では、どんなにベテランの文字起こし経験者でも正確に書き起こすことは難しくなります。

よくある失敗例としては、音量を確認しないでRECボタンを押したため、録音された音声がほとんど聞こえなかったというケースです。

本番の録音前に必ず試し録りして正常に録音できているかどうかを確認してください。

なお、録音機材はカセットテープレコーダーでもICレコーダーでもかまいませんが、できればマイクを使って録音しましょう。

また、マイクを使う場合でもレコーダーで直接録音する場合でも、スタンドに固定して録音するとクリアな音声で録音できやすいです。

録音機材を直接机に置くと、机の上の書類を動かす音やコップを置く音、椅子を引く音などが大きく録音されてしまい、肝心の話し手の音声を妨害してしまいます。

2.不要な箇所はあらかじめ削除しておく

多くの文字起こし業者では1分当たりいくらという料金体系となっています。

そのため、音声データが長くなるほど費用もかかるわけです。

音声データを渡す前に、挨拶や雑談などの本題とは関係ない箇所を削除して、なるべく再生時間が短くなるようにしましょう。

もしくは、依頼時に「●分~●分までを起こしてください」と指定すれば、余計な料金がとられることはありませんよ。

3.文字起こしの理解を助ける資料を用意しておく

専門性の高いジャンルの場合、文字起こしの理解を助ける資料を用意しておく方がより正確な仕上がりが期待できます。

また、文字起こし業者に依頼する場合、ある程度はその分野に精通した人が作業を行いますが、たとえば自社でのみ通用するような専門用語などでは、どんなにベテランでも聞き取れないことがあります。

頻出する専門性の高い用語や略語、隠語などを添付資料にまとめて依頼時に渡しておくと作業者も対応しやすくなります。

4.納期には余裕を持って

先ほども述べましたが、料金をできるだけ抑えるには、余裕を持った納期で依頼することが大切です。

納期が短いと、料金が割高になるばかりか、短時間での作業になるため仕上がりの正確性にも影響が出ることがあります。

逆に、通常よりゆとりのある納期で依頼すれば、割安料金で引き受けてくれる業者もあります。

すでに音声データが手元にあるのなら、必要に迫られる前に早め早めに依頼するようにしましょう。

どの文字起こし業者も、納期までの期間で料金に差が出る

以上、文字起こし業者の料金について見てきましたが、ほぼどの業者でも共通するのが、納期までの期間によって料金が変動するということです。

格安だからといって、質に不安があるというわけでは、決してありません。

なるべく低価格で、且つ丁寧に作業してくれる代行業者はたくさんありますし、個人の方もきちんと仕様の説明や依頼をすれば、誠心誠意応えてくれます。

たくさんある選択肢の中で、【納期】と【実績】は料金と質に関係しやすいといえるでしょう。

再三になりますが、できるだけ安い料金で、かつ、正確性の高い良質な仕上がりを求めるのであれば、納期までに余裕を持って、音質もある程度しっかりした状態のものを依頼することを心がけてくださいね。