文字起こしの代行費用は、いくつかの要素(納期・起こし方の種類)によって変わってきます。

また、その料金設定は代行会社によって差があるという点です。

では、音源の文字起こしを代行会社に依頼した場合の費用相場はどのような金額なのでしょうか。

文字起こしを依頼した場合の費用相場

一般的な相場としては、音源1分につき100円程度からというのが平均です。

しかし、会社によっては1分あたり200円や300円という値段で請け負っているところもあります。

そのため、同じ10分の音源でも、1000円から3000円近くの開きが出る場合があります。

また、納期による割増料金がかかることが多いという点にも気を付けましょう。

標準としては30分くらいまでの音源でおよそ2~3日の納期が平均的です。

これが1日から2日の納期ということになると、20%くらい割り増しになるところもあります。

一方で、納期はゆっくりでいいいので1週間くらいかけても構わないというケースでは、1割くらい安くなる場合も。

さらに、音源の内容によっても料金が変わることがあります。

たとえば、法律系や医療系の専門用語が多く含まれているものだと、その分特別料金が加算されることもあります。

ジャンルごとに値段設定をしているケースが多いので、自分の音源が当てはまらないかチェックしましょう。

また、外国語の文字起こしも特殊性が高いため、ぐんと費用が上がります。

業者によって納期による値段の設定がかなり違うので、自分の予算と納期に合わせて選びましょう。

<参考> 文字起こし代行会社の料金一例

料金相場の目安として、幾つかの文字起こし代行会社の料金表を調べてみました。

代行会社料金納期
A社98円/1分中5営業日
B社108円/ 1分 中2~3営業日
C社120円/1分中1~2営業日
D社175円/1分中3営業日
E社200円/1分中3営業日

(2019年11月時点)

※料金は音源1分あたり、けばとりで依頼した場合の料金となります。

※納期は60分の音源を依頼した場合

文字起こしの代行・外注サービス『ウィズチーム』のご案内はこちら

自分で文字起こしをすればコスト0だけど…?

費用をできるだけかけたくないということであれば、自分で頑張って文字起こしをやってみるという手もあります。

書き起こしをするには、専用のソフトやフットスイッチなどの機器があるとやりやすいのですが、特に専用ツールがなくても作業自体はできます。

しかし、かなりの時間がかかるということだけは覚悟しておいた方が良いでしょう。

平均的に見ても、音源の4倍の時間は作業を完了するまでにかかります

15分の音声であれば最低でも1時間はかかるという計算です。

もし文字起こしの経験もノウハウもないのであれば、それ以上かかる見込みをしておいたほうがいいでしょう。

文字起こしに時間をかけすぎてしまうと、他のやるべき業務に支障が出てしまう可能性もあります。

代行業者に依頼した方が結局お得になると言える理由とは?

このように、文字起こしの作業自体は自分でもできるとは言え、かなりの時間がかかってしまうというのがネックとなります。

外注をしてかかる費用と、自分でやった時間を時給で見たものを比較すると、結局外注費用の方が安くなるというのはよくあることです。

しかも、代行会社は当然作業にも慣れており、質とスピードにこだわってくれます。

文章の整え方はよりきれいですし、言葉や表現も正確に文字に起こしてくれますので、安心して紙面や動画の字幕などに載せることができるでしょう。

それだけで、費用をかけるだけの価値は十分にあるのではないでしょうか。

そしてなによりも、書き起こしの仕事を外注することで、自分が本来業務に取り組めるというメリットがあります。

自分がやらないといけない重要な仕事に集中することで、業務を効率化することができるのです。

他に回すことができる業務はできるだけアウトソーシングして、業務をスムーズに進めることができるようにしましょう。

文字起こしの代行・外注サービス『ウィズチーム』のご案内はこちら

文字起こしサービスの料金・納期はこちら